写真印刷と文字印刷の印刷の質感でプリンタを選びましょう

プリンタはメーカー毎に印刷の質感が違います

プリンタには色んな種類がありますが、主なプリンタのメーカーは4つになります。
キャノン、エプソン、ブラザー、HPの4つです。プリンタであまり違いはないと思っている人もいますが、実はメーカー毎にそれぞれの特徴があります。
プリンタを選ぶときには、この特徴からプリンタを選ぶのも方法のひとつです。

そして、このプリンタの特徴というのは、写真印刷と文字印刷にそれぞれ違いがあります。

今回は、特徴の違いをわかりやすくするため、エプソンとキャノンに絞って紹介します。

■写真印刷
エプソン:
・少し暗め。
・自然な印刷で実物観がある。
・明るさにメリハリがある。
キャノン:
・明るめ。
・全体的に色が明るい。
・メリハリが少ない。
■文字印刷
エプソン:
・文章に含まれる写真もキレイに印刷。
・影が強く出てしまう。
・印刷速度が比較的遅い。
キャノン:
・黒がハッキリしている。
・文字がクッキリしている。
・印刷速度が比較的早い。

このように写真印刷と文字印刷で、メーカー毎の特徴がはっきりと別れることがわかります。
また、今回はインクジェットプリンタでの写真印刷と文字印刷の結果を比較したものです。文字印刷を大量に行う職場ではインクジェットプリンよりも、各メーカーが出しているレーザープリンタでの印刷の方が、コストを安く、印刷にかかる時間も短縮することができるため、大量の文字印刷ではインクジェットプリンタより、レーザープリンタの複合機が優秀です。

一般家庭では、レーザープリンタや複合機はコスト的に難しいので、インクジェットプリンタとスキャナーを別で用意するなどの方法で文字印刷や写真印刷の違いをある程度緩和することができるようです。